平屋に2年住んだ感想

平屋に2年住んでみた感想

2015年に家を建て、約2年が経ちました。

 

子供は2人だったのが、予定外に1人増え、3人となりました。

 

これで家族は私たち夫婦2人と0歳、3歳、6歳の3人に。(ちょうど3歳差ずつですねw)

 

一番上の長男が今年小学校に入学したため自室を与えました。

 

平屋なのでもちろん1階です。

 

長男は男の子なので、なんとなくリビングから一番遠い子供部屋を与えました。

 

とはいえまだ6歳。
まったく自室を使わないため、寝るときも私たち夫婦と一緒に寝ています。

 

私たち夫婦は、平屋の一番のデメリットはプライベート空間の確保がしづらいのでは?ということでした。
しかし今のところ困ったことはありません。

 

 

防犯面は?

2年間、空き巣などに入られることはありませんでした。

 

ただ、平屋って居留守が使いづらいですね(笑)
2階から覗くなどができません。

 

これは設計のときに気をつけた方がいいと思います。

夏は暑い?

家全体が屋根に接しているため暑いのでは?という心配がありましたが、特に気になりません。

 

反対に高気密高断熱のためクーラーがききやすくて快適です。

2階建てにすればよかったという後悔はない!!

両親は平屋建てに反対でした。

 

両親の時代は平屋=貧乏というイメージが強かったようで、絶対2階建てにした方が良いと最後まで言っていました。

 

しかし、2年間平屋に住んできて二階建てにすれば良かったと思ったことは一度もありません。

 

むしろ周りにも平屋を勧めています。

 

なにより移動距離が少なくて済むこと。

 

また、どうせ子どもたちはいつか巣立ちます(18歳になったら追い出します笑)

 

なので夫婦2人が快適に過ごせればいいと思っています。